ならみおダイアリー

地元山梨県都留市にUターンし地域おこし協力隊就任⇄東京品川に住む旦那氏と不定期カフェイベント。「自分の心に正直に、いまも未来も幸せな毎日を歩む」をモットーに、心地よい場所を求めて。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」。タルマーリー@鳥取県智頭町へ行ってきました!

旅の最終目的地はこちら。

鳥取県智頭町にて、元保育園の建物をリノベーションして作られたお店
「タルマーリー」さんに行って来ました!

https://www.instagram.com/p/BXDB0lSjYwj/

・タルマーリーのバーガーとピタパン。天然菌で醸すオリジナルのクラフトビール。鳥取まではるばる食べに行った甲斐があったそれくらい美味しい〜。極め付けは水の美味しさ。都留の水も好きだけど硬さがなんとも絶妙。水に「忘れられない味」があるなんて初体験だったな。また是非訪れたい。パンもビールもお土産に買ってきましたありつけた人はラッキー☺︎ #タルマーリー #brewery #beer #craftbeer #bread #tottori #japan

 


前日に鳥取入りして、みっすーに迎えに来てもらい
一緒に鳥取市内の温泉にいったり回転寿司いったりしてお話ししたのだけれど。
先輩スタッフの皆さんにとてもよくしてもらっていて
毎日すごく楽しい、と。

よくよく聞けば、私の実の妹と同い年、23歳。
こうやって好きなこと・興味のあること・やってみたいことに
素直に取り組める環境があるって素敵だなってあらためて感じたのでした。

 

ビールもパンもほんとうに美味しくって
泊めてもらったみっすーの家から20~30分くらい
汗だく徒歩で来た疲れが一瞬で吹き飛びました。笑
そしてわざわざ鳥取まで行った価値、ぜんぜんあったなって思いました。

ホンモノってそういうことだと思う。
便利な社会になって、ネットを通して欲しいものがどんどん買える時代になったけど
どんなに文明が発達したとしても
「あそこのあのパンが食べたいから」「あの人に会いたいから」ってだけで
長い時間と距離をかけて、直接その味を味わいに行くこと。
そこにいるひとに直接、会いに行くこと。
そのプロセスが、求めた味をもっと美味しくする調味料になる。
それがほんとの「豊かさ」に繋がるんじゃないかなって。

道中「モモ」を読んでいたからそのへんとも繋がって来てるのかもしれない。

shigemioden.hatenablog.com

 

今回の旅のテーマはまさにそこだったのかな。って
帰ってきてからあらためて思う。

 

自分の生活拠点を「観光地にする」ってどういうことなのか
これから自分はどんな暮らし方・働き方をつくっていきたいのか
一連の旅を通して、前よりもすこしだけはっきり、見えてきたような気がします。

 

 いまもういちど再読中です。市役所の上司にも貸してあげよう。

 

あとこのトピックに興味のある方は、こちらの本もおすすめです。

 

shigemioden.hatenablog.com