「住みながら働く体験。」コリビングについて解説します!

コリビングとは、「複数の人が過ごせる機能もついている、住職一体型の施設」のことをさします。

海外で生まれたコリビング。

特徴のあるサービスを提供しているのがRoamで、月額約20万円を支払えば世界中の施設が利用可能です。

マイアミやバリ島、ロンドン、サンフランシスコに拠点を持ち、日本では六本木に施設を持っています。

 

従来の「コワーキングスペース」との違いは、そこに「コミュニティ」があるか否か。

高額な家賃を支払ってコリビングを活用する人たちは、そこに集ってくる人たちとの「つながり」や「人脈」を求めて集まってくのだそう。

従来の「コワーキングスペース」だけにはない、「生活を共にする」ことによる、さらなる刺激やつながりを欲しているわけですね。

日本版「コリビング」の第一人者

そんな「コリビング」。海外でもかなり新しいムーブメントであるゆえ、日本でこれを実践している場所はまだ数えるほどしかありません。

 

その先駆者的存在なのが、千葉県富津市金谷のコワーキングスペース「まるも」。

また同じく、千葉県いすみ市大原にあるコワーキングスペース「hinode」。

 

田舎フリーランス養成講座」という講座から派生して、その受講生達があまりの快適さにその土地に住み着くようになり…。

金谷はもはや、界隈では「フリーランスの聖地」と呼ばれるほどになっています。

3年ほど前からスタートした「田舎フリーランス養成講座」の効果で、なんと金谷では3年間で40名もの人が金谷に移住したとか。

…コリビング効果、計り知れませんね!

そこに注目した私は、この「田舎フリーランス養成講座」と「コリビング」の仕組みを、自分の地元でもある「山梨県都留市」でも実施できないか?と思いました。

運営元である(株)Ponnufの代表・池ちゃんこと、山口拓也(@ikechan0201 )さんにお声がけをしたところ…。

快くその”第3の拠点”として、この山梨県都留市を活用してくれることになったのです!

 

▼「コリビング」で都留に滞在してみませんか!

暮らすように旅する。1ヶ月間の滞在プラン「コリビング」はじめたよ

現在は金谷・いすみ・都留のこの3拠点で、日本版「コリビング」を行なっている、というわけなんですね。

ぜひ気になる方は、この特設ページをご覧ください!

2 Comments

【teraco.のコリビング】「居・職・住」を満たせば、人は暮らしていける【体験レポート】 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です