【Softbankから格安SIMへ】iphone6sのままでLINEモバイルに乗り換えたよ!契約手順・申込方法と最安で契約できる方法まとめ

ついに念願の格安SIMデビューしました!
mineoやIIJmioとも比較したのですが、やっぱり買いなのはLINEモバイル
その決め手や、実際に乗り換えるまでの全手順をまとめます。

最後には、申し込み時最大4,000円お得に契約ができる方法も書いていますので、よかったら参考にしてください^^

 

さっさと自分に合う料金プランを診断・申し込みしたい方は下記からどうぞ!

 

 

 

 数ある格安SIMの中からLINEモバイルを選んだ決め手

まとめると

  • 通信料が安くなる
  • SNS利用分のデータ通信はカウントフリー
  • 年齢認証が必要な場面でもサクッとクリア

この3つが、LINEモバイルに乗り換える3大メリットですね。
デメリットは、今のところあまり思いついていません。

電波がつながりにくい、とかかな?
でも、docomo回線を使用しているし、まだ変えたばかりなのでその辺りはまだ実感なく。もしデメリットと感じることがあったら追記していこうと思います!

月々の通信費が8,000円安くなる!

これまでSoftbankを使用していた私ですが、月々の携帯代金はだいたい1万円ちょい。

今回わたしは

  • コミュニケーションフリープラン 5GB
  • 音声通話SIM
  • (念のため)持込端末保証(月額500円)

のプランで契約して、基本使用料2,220円。

およそ8,000円/月の節約につながりました…!

 

LINEモバイル に乗り換えるとどのぐらいお得になるのかを、シュミレーターで無料で計算してもらうことができます。ぜひチェックしてみてください!

 

 

LINEモバイル独自施策・SNSデータカウントフリー

わたしはSNSを酷使するので、毎回データ通信量オーバーで、低速になるのがいやで、月末にデータを追加購入していました。これが多分携帯代めちゃくちゃかかってた要因の一番大きいやつ。

ここで LINEモバイル 独自の神サービス
コミュニケーションフリープラン」の登場です。

 

f:id:shigemioden:20180523221931j:image

 

このコミュニケーションフリープランでは、なんとFacebook、LINE、Twitter、Instagram…といったSNSを使用する際に消費するデータ量がカウントフリーに。

月末になると通信制限がかかってイライラしていたあの瞬間が、なくなるんです…
もうこれは本当、世紀の大発明。

 

年齢認証が必要な場面でもサクッとクリア

 

格安SIMで契約してしまうと、LINEで時たま求められる「年齢確認」の認証ができないという話を耳にすることがよくあったのですが、LINEモバイル ですとその心配もなし。完全ストレスフリーにスマホ生活を楽しめます。

 

もうこの時点で私の中では LINEモバイル 一択になっていました。
なんのストレスもなく、年間少なく見積もっても8万円以上節約できるって…
乗り換えしぶってうじうじしてたのがあほらしかったです。。。

 

 

 

SoftbankからLINEモバイルに乗り換えるまでの全手順

ここからは、Softbankでiphone6sを2年以上使用していた私が、LINEモバイルヘの乗り換えを思い立ってから実際に乗り換えるまでにやったことの全手順を紹介していきます。順を追ってやって行けばすんなり乗り換えられるはず。さっそくいってみましょう!

使用端末そのまま(iphone6s)で乗り換えました

わたしは2年ちょっと使っているiphone6sをそのまま使用しています。
もしこれを機に機種変更もしようかな…とお考えの方は、SIMフリー端末を購入することをおすすめします!私もいずれは変える予定。

 

今お使いの機種でそのままキャリアだけ変更したいという方は、このまま読み進めていただいて大丈夫です!

My SoftbankにアクセスしてSIMロックを解除する

まずはSoftbankユーザーの方は「My softbank」にログインし「SIMロック解除」の手続きを行います。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

 

auユーザーの方はこちらを参照ください。

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

 

docomoユーザーの方はこちらを。

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

私はSoftbankでしかSIMロック解除の経験はありませんが、インターネット上で簡単にできてしまいます。所要時間5分ほどなので、サクッとやってしまいましょう。MNP予約番号の取得よりも前にこちらを済ませておくとスムーズです。

 

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約番号の取得

いま使っている携帯電話で「音声通話」を引き続き利用していて、番号そのままで使いたい場合には”携帯電話番号ポータビリティ(MNP)”の予約番号をとります。

下記はソフトバンクから転出する場合の連絡先が記載されていますが、
別キャリアでも同じように転出の申込は基本的に電話申込する必要があります。 

 

ソフトバンクから他社へ変更する場合 | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

 
これがいつもなかなかつながりづらくて、苦労するんですよね…
あとよくあるのが「更新月中ではないので違約金が発生します」という2年縛りの罠。

違約金9,980円+MNP転出手数料3,240円=13,220円を支払わないとならないのですが
私の場合、更新月まで待って変更するよりも、一刻も早く格安SIMに乗り換えた方が断然節約になる、ということが計算して分かっていたので、迷わず変更しちゃいました。

 

LINEモバイルへの申込

SIMロック解除、MNP予約番号の取得がすんだら、晴れてLINEモバイルへの申込です!

サイト上で自分の携帯の使用状況を答えると、いちばん適した料金プランを診断してくれます。そのうえで、申し込み。即日、SIMカードを発送してくれます。

 

LINEモバイルに申し込む

 

SIMカードの受取→接続・設定

SIMカードが届いたらさっそく設定。手順は簡単、4ステップです。

  1. MNP開通申し込み
  2. SIMカードの取り替え
  3. APN設定 (ネット使えるようにする)
  4. LINEモバイルの「契約者連携」(マイページ開設する)

SIMカードに同封されているグリーンの冊子を見ながらすすめば、ばっちりです!

SIMカードをiphone6s端末から取り出すのに少し苦戦しましたが…
SIMピンはなかったのでゼムクリップを代用してがんばりました!

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える – Apple サポート

 

 

LINEのトーク履歴や電話帳などのデータも、機種そのまま使用するのであればデータは消えずにそのまま引き継がれているので、バックアップとらなくて大丈夫でした。

いまもっともお得にLINEモバイルに乗り換える方法

どうせだったらできるだけお得に乗り換えをしたいですよね?
私は「善は急げ!」で自分で LINEモバイル  のページを検索してとっとと申し込んでしまったのですが、それは間違いでした…

これから申込をされる方は、次に紹介する方法をぜひ活用してください!

既にLINEモバイルユーザーになっている人に招待コードをもらう

LINEモバイル を既に使用しているかたが周囲にいる場合には「招待コード」を発行してもらうことで、そこから申し込みをすると招待した人・された人双方にLINEポイント1000ptがそれぞれ付与されます。

また、招待された人の事務契約手数料3,000円が無料になるというのですから、これはもう使うしかないですね。

招待コード欲しい!という方は、ひっそりとやっているLINE@アカウントにともだち登録→「招待コード送って!」と一言メッセージください^^

 

友だち追加

 

確認でき次第、 コードを送付させていただきます。
このキャンペーンは5月31日までの期間限定だそうなので、お急ぎください〜!

キャンペーンを活用する

上記の紹介プログラムのほかにも「初夏の選べるキャンペーン」と称して
2018/5/7(月)~ 2018/6/30(土)の期間中に新規契約をした方全員に

  • LINEギフトコード(スタンプやアイテムに交換できる)最大4,000pt 
  • LINEポイント(LINEPayで現金に換えられる)最大2,000pt

のいずれかが選べて、もれなくもらえるキャンペーンも行われているとのこと。

4,000円分のお得をプレゼント!初夏の選べるキャンペーン開始 : LINE MOBILE 公式ブログ

注意点は、上記の「招待コードからの申込」との併用はできないとのことです。
招待コードを利用するか、選べるキャンペーンを利用するか。
お好きな方を選んで、さっそく LINEモバイル に乗り換えましょーう!

 

 

今日も良い日に^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です